骨盤サポートガードル「骨盤のきもち」を発売





トリンプ・インターナショナル・ジャパンは、Z-MON(ゼモン)治療院の寺門琢己先生と共同開発した骨盤サポートガードル「骨盤のきもち(ショートタイプ:5775円、ロングタイプ:6090円)を、2007年9月6日から全国のトリンプ取扱い店舗で順次発売すると発表しました。





最近、ピラティスや整体など女性の美と健康に「骨盤」が注目されており、この骨盤が歪んだり、ズレたりすることによってさまざまな症状に繋がったり、痩せにくかったりするといわれていますので、骨盤矯正が注目されているのです。





「骨盤のきもち」は東洋医学の理論に即して、腰の要部をしっかり押さえ、仙骨をあたためることで骨盤の開閉運動をサポートする新発想のガードルとなっています。





~「骨盤のきもち」の特徴~





・骨盤の動きを考えてつくられた新機能、仙骨クッションと丹田ベルトが前後から骨盤をはさんで押さえることで骨盤の開閉運動をサポート。





・仙骨クッションは、骨盤の開閉運動を支える仙骨にあたる部分に、クッション性のある素材を使用し、内部にプラスチックボーン(骨のようなもの)を入れて仙骨の安定感を高め、ソフトなクッションで心地よく支え、脂肪が少なく冷えやすい仙骨を守る。





丹田ベルトは、体のバランスに深く影響を与えているといわれるツボ、おへそから指3本分ほど下にある丹田をしっかり押さえるために、フロント裏側に幅広のテープをクロスさせ、下腹部をしっかり押さえて、骨盤を安定させ、開閉運動をサポート。





・ヒップラインに沿った裏打ちで、ヒップを下からしっかり持ち上げて、高く、丸く整え、ウエストはすっきりラインで食い込みにくい折り返し仕様、足口はアウターに響きにくいヘム仕様。









平成19年9月5日・マイライフ手帳@ニュースより一部引用





やはり日頃から身に付けるもので骨盤矯正が出来ればお手軽なので良いですね。整体やピラティスを続けることってなかなか難しいですからね。







スポンサードリンク