骨盤を引き締める健康機器を発売



東京都新宿区に本社を置く(株)ジンコーポレーション(金英植社長)は2007年8月6日、座るだけで骨盤を引き締め矯正させる健康機器「Hip2050」を近々発売し、接骨院、フィットネスクラブ、スパなどへの導入を見込む予定だそうです。





「Hip2050」は、1日15分、座るだけで骨盤矯正ができるという健康器具で、座ると自動的にセンサーがヒップのサイズを感知し、左右のエアーバックが腰部から大腿部までを加圧することによって骨盤を引き締め矯正させていき、毎日使用すれば3ヵ月後には効果が期待できるとされています。





また、筋肉をほぐすようバイブレーション機能も内蔵されており、座部からリラックス効果のある“マイナスイオン”と血行促進効果がある“遠赤外線”が放出されるとのことです。





「Hip2050」は韓国ですでに販売されており、産婦人科や接骨院に導入され、韓国で取ったアンケート結果では、





・「3ヵ月間の使用でヒップのサイズが2.6cm減った」





・「生理痛が改善された」





・「体のゆがみが改善された」







などの声が挙がっています。





操作はコントローラーの、電源、温熱(遠赤外線)、圧力(強中弱)、振動のボタンを押すだけと非常にシンプルで、15分が過ぎると自動的に電源が切れるので安心して使用することができ、機器の脚部は取り外し可能で、床に置いて座って使用できるほか、横たわって使用することもできます。





ちなみに骨盤が歪むと・・・





・体形的にヒップが大きくなって下腹部に贅肉がついてしまう





・ダイエットしても痩せにくい





・肌荒れ





・便秘





・生理痛





・O脚になってしまう





・姿勢が悪くなる





・疲れやすくなる





などの症状が現れやすいといわれています。





骨盤矯正が期待できる「Hip2050」は16万8000円(税込)で販売予定で、出産やハイヒールによって骨盤が歪んでしまった女性だけでなく、老化や運動不足による筋力低下などによって骨盤が歪んでしまった男性もターゲットにしているようです。









平成19年8月7日・健康美容EXPO(健康美容エキスポ)より一部引用





骨盤矯正グッズは色々販売されていますが、本格的な器具が日本で販売されるのは初めてですね。





整体やカイロプラクティックに通うのは面倒だ。体操、ストレッチを毎日行うのは無理だという方にはオススメできる健康器具ですが、値段が168,000円と、チョット手を出しにくい金額なので、もう少し安くなってほしいですが、当分は期待できなそうなので、実際に使用した方の口コミや評判を聞いてみたいですね。





毎日15分座るだけで骨盤矯正が本当に期待できるのであれば妥当な金額ですが・・・





スポンサードリンク