日頃の生活から骨盤矯正






骨盤は日頃の生活の中で徐々に、「歪んだり・ズレたり・傾いたり・開いたり」していきますので、歪んだ骨盤をすぐに矯正させることは無理というものです。そこで日頃の生活の中で少しでも良いので骨盤を矯正させる方法をご紹介します。


 日頃の生活の中で骨盤を矯正させる方法



腹筋を意識した生活を心がけ、気付いたときに腹式呼吸を行ったりして腹筋を動かすように心がける。


いつも使っていない方の手や足を意識的に使うように心がける(右手を良く使う人は左手を使うように心がける)。


骨盤が常に開き気味の人はガニ股になっていることが多いのですが、意識的に内股になるように心がけて歩く。また立ったり歩いている時は足の親指(内側)に力を入れるように心がけることで、開いた骨盤をしめる効果が期待できます。


かかとの低い靴を履く。ハイヒールなどのかかとの高い靴は足の外側に力が入りやすくなってしまい、骨盤が開く原因になってしまいます。


横向きではなく仰向けに寝るように心がける。


背筋を伸ばして正しい姿勢を心がける。イスに座る時も深く腰をかけて、なるべく足を組まないように心がける。


時間があるときに、広い場所で後ろ向きに歩いてみる。後ろ向きに歩くことで日頃使っていない筋肉を使い、歪んだ骨盤を矯正させる効果が期待できます。



スポンサードリンク