腹筋を鍛える



骨盤と腹筋


骨盤の「歪み(ゆがみ)・ズレ・傾き・開き」は、筋力の衰え、低下が原因の場合もあります。


骨盤は「腹直筋・腹斜筋・腹横筋」の3つの腹筋によって守られていますが、現代人は運動不足の方が多いため、若くてもこれらの筋力が低下し、知らないうちに骨盤が歪んでしまっていることがあるのです。


そこで低下した腹筋を鍛えることで、骨盤の「歪み(ゆがみ)・ズレ・傾き・開き」を矯正することも可能なのです。


腹筋は普段の生活だけでは中々鍛えることができませんので、意識的に鍛えてあげなければなりません。


毎日少しずつでも良いので、定番の腹筋運動を行うことは当然効果的ですし、それが無理なら、日常生活の中で常に腹筋を意識することも効果的です。


例えば電車の中で意識的に腹筋を動かしたりするだけでも全然違うものです。


とにかく常に腹筋のことを頭に入れておけば、腹筋はいつでもどこでも鍛えることが可能ですので、日頃から腹筋を意識する生活を心がけましょう。



スポンサードリンク