腰痛・便秘・下痢・生理痛・不妊・肌荒れ


骨盤や骨盤に連動している腰椎が何らかの原因によって左右どちらかに、「歪む(ゆがむ)・ズレる・傾く」と、「生理痛・不妊・肌荒れ・腰痛・便秘・下痢」などの症状が出やすくなります。


 生理痛(生理不順)・不妊・肌荒れ



骨盤と生理痛


骨盤の中の仙骨(仙椎)は女性ホルモンと深く関わっている骨ですので、この仙骨(仙椎)が歪んでいたりすると女性の生理的な問題が生じやすくなったり、肌荒れなどの症状が出やすくなります。




 腰痛



骨盤と腰痛


骨盤と連動している「腰椎」が歪んだり、ズレたり、傾くことが、「腰痛」の大きな原因だと考えられています。


腰椎は5つの「椎骨」からなっており、常に腰痛がするのか?前後に曲げたときに腰痛がするのか?横に曲げたときに腰痛がするのか?立ったり座ったりする動作のときに腰痛がするのかによって、どこの椎骨が歪んでいたりズレているかが分かるといわれています。


 便秘・下痢



骨盤と便秘


便秘や下痢はいろいろな原因が考えられますが、骨盤が左右どちらかに傾いているために、大腸の機能が低下し、「便秘・下痢」の症状が出やすくなっている場合もあります。





スポンサードリンク